So-net無料ブログ作成
前の9件 | -

ワイキキの iie 語学学校 [ハワイ留学]



今回はワイキキのメインストリート「カラカウア通」に面した iie英語学校をご紹介します。

iie(Institute of Intensive English )はとても粋なビルの中にありました。
DSC05078_1.jpg

此処が学校入口です。
設立は1984年だそうです。
入校は毎週月曜日で、1週間からの留学が可能です。
DSC05071_1.jpg

彼女はSenior Admissions Coordinator Eikoさん。
私の突然の訪問に対して
とても丁寧に学校案内をして下さいました。
DSC05077_1.jpg

教室には大きな窓がありとても開放的、明るく楽しく勉強が出来そうです。
学校ではフラダンス、ヨガレッスン等の無料アクティビティーやサーフィン、 ウクレレ、 セーリングなどの有料アクティビティーも用意されています。
DSC05073_1.jpg

授業はグループレッスンのみで、一カ国の学生がクラスの50%を超え無い様にしているそうです。
NYC留学やフィリピン留学では韓国の留学生が一番多い(除く日本人経営校)のですが、此処ハワイのiieでは日本人の留学生が一番多いそうです。
DSC05075_1.jpg

此方はコンピュータ室でWi-Fiも無料で使えます。
DSC05074_1.jpg

学校にはお茶の用意があり授業の合間等に気分転換や息抜きに皆さん飲んでいるとの事です。
この様なサービスは留学生にとって本当に有り難いですね。
DSC05076_1.jpg

学校はワイキキにあるので放課後は美味しい食べ物を簡単にGet出来ます。
これはハワイで人気のポキ丼(鮪の漬け丼)お薦めです。
DSC05068_1.jpg

この学校はワイキキビーチまでは徒歩約3分ですので、もし素敵にバッチメイトと語りあいたいならサンセットがお薦めです。
ハワイで運命的な素敵な思い出をどうぞ!!
DSC05140_1.jpg



nice!(0)  コメント(0) 

ダイヤモンドヘッド [ハワイ留学]

ハワイに来たら是非行ってみたいのがダイヤモンドヘッド!
そんな観光名所に早速行ってみました。
DSC04954_1.jpg

ダイヤモンドヘッドは手軽なトレッキングとしてお薦めです。
山頂は外輪山の一番高い部分(標高232m)にあり、クレーター内の登り口から1時間程度、早い人なら30分で行けるとの事です。
DSC05211_1.jpg

此処がクレーター内にある登山口で、JTBHISが運営しているトロリーバスなら此の入口まで行ってくれます。
開園時間は6時~18時で入園料は1$1です。
公共交通機関のThe Bus(一日乗り放題$5)で行くならクレーターの外にあるバス停迄になりますので、パス停から此処までは徒歩になります。
尚、毎日入園出来る訳ではないので事前にチェックしてから行って下さい。
DSC04972_1.jpg

多くの観光客は此処で記念撮影してから登山開始!
DSC05168_1.jpg

最初は舗装された緩やかに上る道を5分程度進むと未舗装の上り坂になります。
DSC05170_1.jpg

途中から凸凹で未舗装の急坂道になりますので履物はトレッキングに適した靴にして下さい。
DSC05175_1.jpg

山頂近くになると内部が暗いトンネル、急で長い階段、螺旋階段がありこの辺りは混雑する場所です。
この階段は99段もあり登るのがチョット苦労です。
DSC05176_1.jpg
トンネルや階段が苦手な方には迂回路もあります。


山頂展望台に立つと360度のパノラマビューが視界に入って来ます。
眼下にはワイキキのビーチや高層ビル群も見えます。
DSC05185_1.jpg

山頂では、登頂記念の証明書を発行している方がいました。
公の発行なのか、個人が発行しているのかは不明ですけど、多くの方が記念に買っていました。
DSC05193_1.jpg

登山口に戻れば売店がありダイヤモンドヘッドに関する記念品が数多く売られています。
皆さんは此処で何か記念品を買って帰られますか?
DSC05167_1.jpg

今日も一日快晴でとても素敵な登山でした。
さて、次は何処へ行こうかな。



nice!(0)  コメント(0) 

ハワイ留学 と HISラ ウンジ [ハワイ留学]

ハワイでは英語が喋れなくても楽しめる位ほとんどの所で日本語が通じますが、やはり英語が喋れないと思い通りにやりたい事が出来ない事があり、そんな時には手助けしてくれる所があると助かります。
そんな所としてHISのラウンジをご紹介します。
ラウンジと言えば通常空港にあると思っていたのですが、此処ハワイではワイキキのど真ん中のカラカウア・アベニューに面しているRoyal Hawaiian Centerの3FにHISのラウンジありました。
DSC04931_1.jpg

此処は、HISのツアー等でハワイ旅行されているお客様の為にあるのですが、契約しているカード会社のカードをお持ちの方ならほぼ同程度のサービスが受けられます。
例えば市内を走るトロリーの無料乗車券の提供やラウンジの無料使用等です。
DSC04986_1.jpg

此方がHIS受付横にあるHISラウンジ入口です。
内部には、ハワイの観光案内本や日本の新聞が置かれています。
中は広いので椅子に座れないほど混雑する事は無い様です。
DSC04987_1.jpg

勿論、ラウンジですからコーヒー、コーラ等、色々な飲み物が無料提供されています。
他に此処にはロッカー施設やパウダールームもありとても便利です。
DSC04933_1.jpg

HISはヒルトンハワイアンビレッジ(Hilton Hawaiian Village )にもLeaLeaヒルトンラウンジを持っています。
DSC05111_1.jpg

規模はRoyal Hawaiian Centerのラウンジよりは小規模です。
DSC05122_1.jpg

此処でも飲み物等は無料提供されています。
DSC05119_1.jpg

時間にもよるとは思いますが、かなり空いている感じですので、ゆっくり相談する事や待ち合わせをするにはとても良い場所だと思います。
DSC05120_1.jpg

旅行は勿論ですが、ハワイ留学する時にはHISと契約しているゴールドレベルのカードを持って行くと便利だと思います。

蛇足かも知れませんが、Waikiki Beach Marriott 内にもHISのLeaLeaマリオットラウンジがありますよ!



nice!(0)  コメント(0) 

ワイキキのハロウィン [ハワイ留学]

語学留学は単に語学を学ぶだけでなくその国の文化を学ぶ機会にも恵まれます。
今回はハワイのハロウィンを通してその文化体験などは如何ですか。

肩車をしている様に見せていますが、これは一人の男性が演じています。
それにしても背が高すぎだと思いませんか?
とても目立ったので早速写真を一枚。
DSC04851_1.jpg

ハワイのハロウィンはニューヨークの様にパレードが行われる訳では無く仮装した人々が通りに多く現れます。
DSC04870_1.jpg

ニューヨークは欧米人が多く仮装している感じですが、ハワイでは日本人の仮装も目立ちます。
とてもフレンドリーな雰囲気で参加の敷居がとても低い様に思います。
DSC04873_1.jpg

仮装している人が多く現れるのはカラカウア通りです。
最近の渋谷のハチ公前と同じ様だと感じました。
KIMG1289_1.jpg

この恐竜の仮装はとても人気で観光客が順番待ちして一緒に写真に納まっていました。
DSC04904_1.jpg

イベント会場ではライブバンドの方々もコスチューム姿で演奏しています。
ハワイのハロウィンは色々と楽しめます。
DSC04879_1.jpg

ハロウィンに参加するにはユニークなファッションが良いと思いますが、初めての参加や旅行者の場合は準備が大変ですので、アラモアナセンターに行ってコスチュームやグッズを調達するのが良いかも。
DSC04906_1.jpg

目立ちたいなら勿論ユニークなファッションが一番です。
KIMG1297_1.jpg

ハワイの10月は暖かいので薄着の仮装でも寒くはありません。
此方の男性方は本物の消防士さん達で夕刻からミッドナイト(12時頃)まで此方に居るとの事でした。
仮装している訳では無いのですが何故かハロウィン参加者の方々が次々と一緒に写真に納まっていました。
KIMG1311_1.jpg

此方の方々は歩き疲れたのか道端で休んでいます。
最初、お金の節約の為に道端で休んでいると思ったのですが、ハワイのハロウィンでは何処のレストラン、カフェも満席で、この様な所しか簡単には休むことが出来ません。
滞在先が遠い方はこの点を考慮して行って下さいネ!
DSC04905_1.jpg

ハワイのハロウィンをより楽しみたいなら少し勇気を出してコスチューム姿で街を闊歩してみて下さい。



nice!(0)  コメント(0) 

ハワイ大学内HELP [ハワイ留学]

ハワイ大学のキャンパス内にもう一つ語学学校がありました。
それはHELP (HAWAII ENGLISH LANGUAGE PROGRAM)です。
右奥見えるのがMurakami Stadium(野球場)で左手前の高床式建物がHELPです。
DSC05575_1.jpg

HELP事務所に訪ねると、親切なスタッフが入学資料を基に学校の説明をして下さいました。
HELPはハワイ大学直営で無いとの事ですが、最高レベルの400のクラスを2学期受けるとTOEFLスコア免除で大学に進学出来る上、大学のプール、テニスコート、ジムの利用やThe BUS等、各種学生割引が受けられるとの事です。
DSC05565_1.jpg

此処は教室で、クラスは7名~15名で構成されるそうです。
授業はフルタイム(20時間/週)と学生ビザが不要のパートタイム(16時間以下/週)があり4段階にレベル分けされているそうです。
授業時間は1時間5分で、朝8時30分から午後2時迄(4クラス)で、その後はTOEFL等のテスト準備ワークショップがあります。
DSC05566_1.jpg

此処は事務所前の掲示板です。
授業コースやその先生等のインフォメーションが掲示されています。
尚、学期は8月と10月スタートの秋日程と1月と3月スタートの春日程が8週間授業で、5月と7月スタートの夏日程は6週間授業があるそうです。
授業料(フルタイム)は8週間コースが$2600、6週間コースが$1975、それに初回は入学申請料として$150が必要です。
2タームは授業料が$100、3ターム以降は各$200割引となるそうです。
DSC05564_1.jpg

此処はコンピュータルームです。
放課後も生徒は利用出来るそうです。
DSC05571_1.jpg

此処は食堂でスナック等(有料)が置いて有ります。
DSC05567_1.jpg

食堂にはキッチンが併設されているので生徒自身が食事を自前で作る事も可能だそうです。
DSC05568_1.jpg

尚、HELPでは、ホテル、コンドミニアム、ホームステー、大学の学生寮の手配(有料)案内もしてくれますので、詳細はホームページをご覧ください。
http://manoa.hawaii.edu/eslhelp/wordpress/
尚、直接の問い合わせはEmail「eslhelp@hawaii.edu」で行って下さいね。



nice!(0)  コメント(0) 

ハワイ大学マノア校のNICE [ハワイ留学]

此処はオワフ島にあるハワイ大学マノア校です。
DSC05561_1.jpg

校内は緑が多くハワイリゾート気分にひたれます。
DSC05547_1.jpg

此処が大学のCampus Centerです。
とても綺麗な建物で多くの学生さん寛いでいました。
DSC05537_1.jpg

大学は広大な敷地を有し、多くの建物が点在していて、その中にはスターバックスまであります。
DSC05543_1.jpg

多くの建物の一つに「Bilger Hall」があります。
DSC05551_1.jpg

この建物の部屋「102」に第二外国語プログラムNICEを提供する事務所がありました。
NICE
には1月、4月、7月、10月の年4回開催される10週間コースがあり、カリキュラムは:グラマー、リスニング、オーラルプロダクション、インテグレットスキルの4つがあります。
生徒のレベルは5段階に分けられています。
授業料はフルタイム授業で新規学生の場合$3010です。
一部の授業を受ける事も可能で其の場合、学費は安くなります。

その他に夏と冬には3週間コースが開催されます。
学費は各コースとも$1070です。
2018年の開催は、25日から23日迄と、730日から816日迄です。
NICE
プログラムの学習はインターネットで応募出来るそうです。
http://www.nice.hawaii.edu/
詳細は上記のホームページ(一部日本語案内あり)にアクセスしてみて下さい。
DSC05554_1.jpg

学内にはレクレーションの案内サービスもあり楽しい学生生活が過せそうです。
DSC05585_1.jpg

それと蛇足かも知れませんがハワイ大学とワイキキの間に広く大きな運河があります。
DSC05610_1.jpg

放課後、運河で学生さん達がボート練習をしていました。
ハワイ大学の学生に成れたら此処でボート練習をして見たいです。
DSC05611_1.jpg



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

長距離バスでクラーク・アンヘレスの学校へ [フィリピン留学]

今回はクラーク、アンヘレスの学校への行き方に付いてご案内します。
ご存知の様にこの地区の学校の特長はネーティブの先生が多く在籍している事です。
只、この地区のウイークポイントはマニラから車で約2~3時間の距離にある事です。
そんな弱点解決の為に学校はピックアップサービスを用意して安全で簡単に移動出来る様工夫していますが費用がチョット高め(1500~2500ペソ)なんです。
其処で、少しの努力で安全に少し安く移動する案を提案させて頂きます。
比較的多くの日本人が利用するマニラ空港ターミナル3からの行き方をご案内します。
ターミナルを出ると、ぼったくりタクシーの案内人が寄って来ますので係わらない様にしましょう。
危険を少しでも感じたら近くに警官が待機していますので其処に行けば安心です。
DSC03683_1.jpg

以前、料金の安い長距離バス利用は主要バスターミナルまで行くのに、ぼったくりタクシーを使っての移動が一般的で、結果学校が用意するピックアップを利用するのが最善の方法でしたが、今はBAY9と書いて有る柱の前の横断歩道を渡った先の黒色のバスを利用すれば、ビクトリーライナーのパサイバスターミナルまで煩わしいタクシーを使わなくても安全に移動出来ます。
但し、このバスの近くに居る案内人の中には意地悪と言うかタクシーを使わせようとして、このバスはパサイのバスターミナルには行かないと言う嘘情報を言う輩がいますので注意してください。
DSC03682_1.jpg

バスの側面にはプレミアムエアポートバスサービスと大きく書かれていますので確認して乗って下さい。
料金はチョット高めで一人150ペソです。
カップルで行く場合は300ペソになるので、交渉力があるなら車体の色が黄色の空港公認のエアポートタクシーで行った方が安く(約150ペソ)なるかもです。
決して白い色タクシーは使わないで下さい、100%と言って良いほどぼったくりです。
DSC03686_1.jpg

次に、ビクトリーライナーのパサイバスターミナル着いたら、チケットブースへ行ってエアコン付きのデラックスバス150ペソ/エアコン無しなら114ペソのダウターミナル行きのチケットを買って下さい。
DSC03689_1.jpg

デラックスバスは比較的頻繁(30分から1時間間隔)に出ています。
待ち時間はターミナルの待ち合いスペース(オープンスペースなのであまり快適では有りませんが)で待つ事になります。
DSC03688_1.jpg

ダウ(DAU)行きのバスはターミナルに待機しているか、直ぐに来るので暑い外で待つ事は少ないと思います。
逆に、バス内はエアコンが利きすぎて寒い位なのでバスに乗る前に長袖の上着を用意して下さい。

ダウターミナルに到着したら、三輪バイク(トライシクル)と料金交渉して学校まで自力で行く事が必要なのでチョット面倒です。
DSC03690_1.jpg

実は、もっと簡単にクラーク空港/アンヘレスまで行く方法(350ペソ)が最近始まりました。
ジェネシス社がマニラ空港ターミナル3から直接クラーク空港まで行く直行便を開始しました。
乗場はBAY14と書かれた柱の先で、写真のバス内でチケットを買います。
空港から空港に行くバスなので一番安全だと思います。
バス内では映画を放映していますので退屈せずに移動出来ますが、映画は全て母国語です。
それと、トイレ付きでは無いので乗る前にスッキリしてから乗車しましょう。
DSC04558_1.jpg

このバスは毎日十数本走っていますのであまり空港で待たずに行けます。
詳細は時刻表(中央ピンク色がクラーク行き)をご覧ください。
DSC04542_1.jpg

学校近くのクラーク空港/SMクラーク(大型モール)からは学校用意の無料ピックアップかタクシー(200~400ペソ)を利用します。
以前と比べてこの地区への移動が安く便利になりネーティブから英語を比較的安く学びたい方には朗報だと思います。



nice!(0)  コメント(0) 

マニラ空港 T3のスカイビューラウンジ [フィリピン留学]

今回はマニラ空港のターミナル3にあるカード会社提携のスカイビューラウンジをご紹介します。
場所は出国手続き後のフロアー4階にありました。
スカイビューラウンジはANAラウンジと同じ所にありますが、内部で左右に別れます。
DSC04575_1.jpg

内部はとても落ち着いた雰囲気でゆったりできます。
DSC04568_1.jpg

更にゆったりするにはアルコールが必須ですよね!
有りました色々なアルコールが。
DSC04566_1.jpg

アルコールが苦手な方にはジュースも揃っています。
私は冷蔵庫内にあるビールからスタート。
DSC04565_1.jpg

気分が落ち着いた所で、お腹を満たそうと見回すと美味しそうなサンドイッチがずらり並んでいました。
DSC04567_1.jpg

確りお腹を満たしたい方にはパスタや肉料理も用意されていました。
DSC04563_1.jpg

お粥が有ったのでチョット試食、お腹にはとても優しいです。
DSC04570_1.jpg

以前は、空港での待ち時間が長いと感じていたのですが、カード会社のラウンジが使えるようになってからは空港での待ち時間が楽しくなりました。
飛行機の発着を見ながら美味しい物を食べて過すこの時間は至福の一時です。
DSC04573_1.jpg



nice!(0)  コメント(0) 

Howdy の卒業式 [セブ留学]

今回はHowdy卒業式です。
何処の学校もそうですが週によって卒業生の数が違います。
Howdy
では卒業生の数に応じて会場を変更しますが、どんな時でも先生達は略全員卒業式に参加します。
DSC03017_1.jpg

特に頑張って卒業式を迎えた生徒さん、また先生達とラポールを形成する事が出来た生徒さんの中には日本に帰りたくない気持を抑えきれずに感極まって泣き出す生徒さんもいらっしゃいます。
DSC02411_1.jpg

此方の写真は卒業生がとても多い日の卒業式で食堂での開催となりました。
式では生徒さんの授業風景や休日に過した写真をプロジェクターで映しながら先生達が卒業祝いの歌を皆さんに聞かせて下さいます。
DSC02811_1.jpg

卒業に当たって卒業生全員にはスピーチが義務付けられています。
自己の成果を見せたくて?とても長いスピーチをされる卒業生もいらっしゃいますが、結婚式のスピーチと同じで短く簡潔にまとめられたスピーチがやはり好評です。
DSC02812_1.jpg

卒業式でマジックを披露して先生、生徒さんから拍手喝采を浴びた生徒さんもいらっしゃいました。
時々ですが日本人の生徒さんの中には本当にタレント性の高い方がいらっしゃる事に驚かされます。
DSC03088_1.jpg

記念撮影を行って式はお開きになります。
DSC02833_1.jpg

興奮冷めやらぬ人達は場所を変えて更に記念撮影を続行!!
DSC03069_1.jpg

若い世代の生徒さんが帰国される時は、空港に向う直前にも記念撮影をしてお別れを惜しんでいました。
DSC02946_1.jpg

此の日の卒業生に限らずHowdyで学んだ多くの生徒さん達は有意義かつ貴重な体験を一杯された様に思います。



nice!(0)  コメント(0) 
前の9件 | -